ほんわかしたサイキックウェーブ


by やつぎり

Masterになるために気をつけたこと

基本的にミッションをこなしてたらMasterになっていたって部分が大きく、
スパートをしたのは48000以降でしかなかったのですが、
心がけていたことを適当に上げてみます。

・3ターン後までのダメージ計算はしっかりと

意外とリーサル見えてますよってことです。
相手がロイヤルだとバフでいろいろ狂って死ぬんですが、
それ以外なら相打ちにしかならなかった筈のフォロワーで一方されるとか
エイラくらいなものなんで、殺せるなら殺しにいきましょう。
もちろん相手がベストな動きをしても殺しきれる時に限ります。

・基本は有利トレード

相手フォロワーのパワーより自フォロワーのタフネスが上のものをぶつけて
1以上のタフネスを残していくのが基本的に強いです。
ハゲやドラゴンウォーリアーのケアは大切ですが、
考えすぎると有利トレードを放棄して自ら不利になっていったりするので割り切りも必要です。
全部ケアなんて出来ないので、大幅な盤面有利を取ってから相手の逆転の手をケアするのが良いです。

・負け試合のプレイを見直す

どうしようもない試合は多いというか、負け試合の95%はどうしようもないのですが、
たまにプレイミスで負けている試合があります。
そういうプレイミスを見つけて、同じミスを繰り返さないようにするだけで勝率が上がります。

・雑に進化を使っても盤面を取る

一度取られた盤面はなかなか戻って来ません。簡単に返せるのはビショップくらいです。
主導権は自分が握るようにしておくことが重要です。
そうしないとずるずるとダメージを取られてしまいます。
また、進化を抱えたまま死ぬのは論外です。

・自分の立ち場を理解する

ミッドレンジロイヤルを使っていて、エイラ相手にコントロール気味に立ち回ったり、
疾走ビショ相手に殴り合いをしたり、自ら不利になるような動きをしないということです。
エイラ相手には、自分の立場はビートダウンになります。早めに殺しにいきましょう。
疾走ビショ相手には、自分の立場はコントロールになります。ライフを守って戦います。
相手との手札差と場を見ればだいたいわかる筈です。

・負けたくないと思いすぎない

負けたくない気持ちが強すぎて、勝つための選択肢を放棄していることがあります。
その瞬間負けないかもしれませんが、ゆるやかに死に向かう選択肢が魅力的に見えるのです。
その選択肢に勝ち筋はあるか、きちんと検討しないといけません。

・最後は運ゲーである

結局のところどんなに良いプレイをしたとしても運が劣っていれば負けてしまいます。
ハゲ進化3連打とかはかなりあったまりますが、諦めて次をしっかり戦うようにします。

自分はAA0→AA2は勝率75%近くで走り抜け、AA2→AA3は70%近くで走り抜け、
AA3→49000は65%近く、49000→Masterは60%くらいでした。
49000からは負けたくないという気持ちが強すぎて、ゆるやかに死ぬ選択肢を
何度も選んでしまっていて、実際は65%は勝てただろうなって印象です。

実際Masterになってからはいろんなデッキを使っていますが、
ランクマッチ勝率70%ほどキープしています。
気持ちが守りに入ると勝てなくなるので、常に勝ち筋を探すように心がけましょう。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yatsugiri | 2016-12-21 10:36 | シャドウバース | Comments(0)